広島市・東広島市【巻き爪矯正センター】

東広島市西条で巻き爪矯正をお探しなら

ロゴ
地図

受付・住所

フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)

  • HOME »
  • フットケア(タコ・ウオノメ・角質ケア)

東広島巻き爪矯正センターでは、巻き爪以外で悩みの多い、

  • 足裏の分厚いタコや魚の目
  • 踵のガサガサ

などのケアも、ドイツ式のマシンフットケアで対応しています。

足裏のタコ、ウオノメ(魚の目)、踵のガサガサのケア

当院では、もともと巻き爪矯正に力を入れていて、広島市内や呉市はもちろん、他府県からも多くのお客様に来院して頂いています。巻き爪矯正の施術をする中で、やはり足の裏に大きなタコやウオノメなど、その他のトラブルを抱えている方も多く、その問題を改善するために当院では、ドイツ式のマシンフットケアを導入しています。

特に、ウオノメは痛みを伴い正常な立ち方や歩行が出来なくなるので、全身の歪みにも大きく関係してきます。つまり足だけの問題ではなくなってしまうので、放っておくと大変な事になりかねません。

私たちの土台となっているのは足です。足のケア(フットケア)をするのは、その土台を整える事になるので、ひいては全身を整える事にも繋がっているんです。足って大事ですね~。

足に痛みなどのトラブルのある方はもちろん、綺麗なツルツルスベスベの足になりたい方も遠慮なくご相談下さい!

ドイツ式マシンフットケア

当院では、フットケアに関してはドイツ式を取り入れています。ドイツはフットケアに凄く力を入れている国で、知識、技術は世界一です。
※巻き爪に関しては別ですが(笑)

当院では、高性能なフットケア専用のマシンを使用してフットケアします。何と、1分間に30000回転します♪
性能の高いマシンを使用する事で、より安全に施術する事が可能です。

実際に、施術を受けたお客様は、
「ぜんぜん痛くない、くすぐったいくらい(笑)」と、おっしゃる方もいらっしゃるぐらいです(*^_^*)


短時間でツルツルスベスベに!

マシンケアで、皮膚に負担を掛けずに短時間で足の角質を取り除き、本来の状態に導きます。


また、マシンケアと同時に、
フットケア先進国ドイツで73年以上の実績があり、オリンピックの公式サプライヤーにも認められているSixtus社の天然ハーブをふんだんに使用したオイル等を使用し足の状態を整えていきます。


フットケア コースと料金

料金は全て税込表示です。

ドイツ式フットケアコース 4,400円~7,150円(税込)

内容

気になるタコや魚の目(ウオノメ)、角質を集中して取り除き、高純度のアルペンハーブを使用したオイル・クリームで乾燥した皮膚に潤いを取り戻し、あなたの足をトータルケアしていきます。
ケアする箇所や状態によって料金が変動します。

*タコや魚の目が数か所や広範囲にわたる場合は、必ずしも一度のケアですべてをケアできるとは限りません。ご了承ください。


※下記の項目に該当する方は、施術をお断りする場合があります。
■傷や炎症等のある方。
■皮膚疾患のある方。(疣(イボ)や感染性の疾患など)
■スピール膏を使用して皮膚が白く柔らかくなっている方。
※施術後、お客様の都合による返金は致しかねます。

タコと、ウオノメ(魚の目)はどう違うの?

よくタコやウオノメ(魚の目)と言いますが、タコとウオノメはどう違うのでしょうか?
下の図をご覧下さい↓

タコもウオノメも、その部分に繰り返し圧力が掛かかることによって出来てきます。圧力が掛かった部分の角質が増殖して、タコやウオノメになります。ペンだこや座りだこも一緒ですね。

イラストのように、タコは皮膚表面に盛り上がるように丸く突出してきます。一方、ウオノメは皮膚内部方向に食い込むように、くさび形に入り込みます。そして、そのくさびが荷重する度に、真皮層にある神経を刺激します。その為、ウオノメはタコに比べ痛みをともなうのが特徴です。

ウオノメのある方は、何か踏んづけたりしてウオノメに当たると激痛を感じる人もいます。立ち方や歩き方まで変わり日常生活に支障をきたしている人も沢山いるので、なるべく早くケアしたいですね。

タコ、うおのめの好発部位

タコやうおのめは、イラストのように荷重が繰り返し掛かる部分や、合わない靴等で常に圧迫されるところに出来ます。逆に土踏まずや普段圧力が掛からない所に出来ている場合は、タコやウオノメではない皮膚疾患の場合もあるので注意が必要です。

こんな症状の場合は、まず皮膚科に受診してください!

当院に来院される患者様で、ウオノメやタコのケアを希望されて来院されても施術出来ない場合があります。
下の写真をご覧ください。

一見、普通のウオノメのように見えますが、拡大するとこんな感じ↓

表面がガサついていて、何か黒い点々のようなものが見えます。通常のウオノメやタコの場合は、この黒い点々や表面のガサついた感じはありません。この場合はウオノメやタコではなく、イボ(疣贅)が疑われます。イボ(疣贅)はヒトパピローマウイルス(HPV)による感染症になります。

なので削るなどの処置をする事で感染の範囲が広がる可能性があります。なので皮膚科でしっかり診断してもらい、専門的な治療をする必要があります。以下の項目に当てはまる方は、当院に受診する前にまず皮膚科で診断してもらって下さい。

  • ウオノメ、タコの表面が写真みたいにガサガサしてる。
  • 中に黒い点々がみえる。
  • 土踏まずの部分や踵の内側など、圧力がかからない部分に出来てる。
  • 小さなのが沢山出来てる

『足が綺麗だと、気持ちも明るくなっちゃう!なんか嬉しい。有り難うございました♪』

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差があります。
※あくまでも個人の感想で、効果を保証するものではありません。


『先日は、ありがとうございました。 昨日は、たくさん歩いたのですが、足の裏の全部で歩いているという感じで、安定もいいと感じました。 きっと、姿勢も変わるんではないかと思います。 ああいうタコは、どういう歩き方でできるのかわかりませんが、この快適な歩き心地続くといいなと思います。』

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差があります。
※あくまでも個人の感想で、効果を保証するものではありません。


『裸足でコードを踏んづけた時の飛び上がる痛みが全くなくなりました~!』

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差があります。
※あくまでも個人の感想で、効果を保証するものではありません。


『踵って、本当はやわらかいんですね!』

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差があります。
※あくまでも個人の感想で、効果を保証するものではありません。

足は重要な感覚器

足の裏はすごく繊細なセンサーを持ってる感覚器です。健康な人でも、靴の中に小さな石ころが入ってるだけで凄く気になりますよね!

そのぐらい、足の裏は情報を感じ取れるようになっています。しかも、石ころ一粒入ってるだけで、途端に普通の歩き方も、立ち方も出来なくなってしまいます。

つまり、魚の目やタコも同じでそれがあるだけで、立ち方や歩き方にまで影響を与えています。長期になると、下図のように、足の付き方から身体の歪みに繋がる事も考えられます。



逆に、魚の目やタコができる方は、身体の歪みや歩き方、もしくは靴などの問題のある現れかもしれませんね。 足は人間の土台です。土台を整える事は、全身の健康に繋がります。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 082-424-4738 受付:月~金 10:00~13:00/16:00~21:00
   土・祝  9:00~19:00
休診:木・日(祝日は不定休)
住所:東広島市西条本町1-15 エイトバレー30 1F
最寄駅:JR山陽本線「西条駅」南口徒歩30秒
地図・アクセス

当院について

東広島巻き爪矯正センター外観

営業時間
月~金
10:00~13:00
16:00~21:00
土・祝 9:00~19:00

休診日
木・日(祝日は不定休)

住所
東広島市西条本町1-15
エイトバレー30 1F

最寄駅
JR山陽本線「西条駅」南口
徒歩30秒

地図・アクセス

気軽にご相談・ご予約ください

TEL 082-424-4738

無料相談メール

PAGETOP
Copyright © 東広島巻き爪矯正センター All Rights Reserved.